各種イベントが開催されました。


 12月1日(土)五反田文化センターにて、品川区少年サッカー連盟「指導者講習会」が行われました。

当日は「日本ろう者サッカー協会・事務局長 植松 隼人」をお招きして、手話やジェスチャーでのコミュニケーションを教わりながら、ろう者サッカーの魅力を伝えていただきました。

 

 

※ろう者(デフ)サッカーとは・・・

「デフ」とは英語で「deaf(聞こえない人、聞こえにくい人)」という意味で、ろう者(デフ)サッカーとは、聴覚障がい者のサッカーであり、競技中は補聴器を外すことが義務付けられていることから「音のないサッカー」の愛称で呼ばれています。ピッチ上ではアイコンタクトや手話でコミュニケーションを取っています。

※JFAのHPより引用

 


 1月12日(日)行われた「品川区少年サッカー連盟・指導者及び保護者向け講座」は、大勢の参加者にお集まりいただき、無事に終了いたしました。

 

 第1部は「「コミュニティ・スクールとは?学校応援について」と題し、矢田 雅久氏(戸越小学校校長、前浜川小学校校長)をお招きし、学校との関わり、課題や問題点、今後の協力関係の構築等、サッカー活動でもできる交流などを具体的にお話いただきました。

 

※「品川コミュニティ・スクール」の詳しい内容は、品川区ホームページをご覧ください。

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/…/kuky…/hpg000032743.html

 

 また、1月19日(土)には、品川区立豊葉の杜学園で「しながわ!コミュニティ・スクールフェスタ」が開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/…/kuky…/hpg000026820.html


 1月12日「品川区少年サッカー連盟・指導者及び保護者向け講座」の第2部は「ブラインドサッカーを品川区にて」と題し、大坪 英太氏(日本ブラインドサッカー協会)をお招きして開催されました。

 

 各小学校授業でも展開中のブラインドサッカー映像を観ながら、障害者スポーツの理解向上に向けて、丁寧にご説明いただきました。

 途中、隣席の方とペアになり、目を閉じた人へ「言葉での指示(アドバイス)」を出す実践体験も行われ、会場もひときわ賑やかに盛り上がりました。

 

 なお、ブラインドサッカーの詳しい情報は「日本ブラインドサッカー協会」のホームページをご覧ください。

http://www.b-soccer.jp/

 

 これからも品川区少年サッカー連盟は、各種講座を企画・開催し、少年少女の健全育成に寄与できますよう、励んで参ります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。